桜を撮る、子どもを撮る

銀一さんでお手配していただいたEOS 50D。いいカメラすぎて、まったく使いこなせていません。

公園に行って、1人で桜を撮っている分には、まだよかった。

いざ取材の現場(室内)で、動き回る子どもたちを被写体にして撮らなくてはならなかった先週末は、ここ最近体験したことのない焦りに襲われました。

被写体ブレ……ピントが合わない……。

ISOの数字を上げてみたら、少しだけいい感じに撮れました。

これから勉強、修業します。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください